映画『アメリカン・スナイパー』カタルシスと悲劇

思ってたよりエンターテインメント的だった。もっと重たい映画だと思って観たんだけど、意外と物語として気持ちよく観られる構成になっているように思った。

公開当時いろいろ論争になっているというのは耳にしていた。僕は観ていなかったので論争自体もスルーしていたが、たしかに、コレは違和感を感じる人はいるだろうとは思った。

 

エンターテインメント的だと感じた理由は(これは論争の元にもなっているようだが)、主人公のクリスがヒロイックに見えたから。それと、復讐劇としてのカタルシスや、ドキドキハラハラさせる劇っぽい演出が結構あったから。

もちろん、クリスがやや精神的にダメージを受けている描写はあるし、戦争の悲惨さの中でもがいている姿を描いている。クリント・イーストウッドが監督だという事を考えても、兵士のそうした苦しみに無頓着なわけはないだろう。

とはいえ、僕の素直な印象としては、クリスはそこら辺を上手く対処していて、かつ自分の行為に対してポジティブに向き合っている。少なくとも言葉の上では。それが彼をヒロイックに見せている。

例えば『ハート・ロッカー』の主人公なんかは、同じくヒロイックなウォーヒーローだが、同時に何かを大きく失ったキャラクターとして描かれていたように思う。その事によって、ヒロイックであると同時に、強烈な反戦になっていたように僕は感じた。

一方でクリスのヒロイックさと強靭さ、それを讃えるようなストーリーや演出は、戦争を肯定的に描いているんじゃないか、と観た人が感じても僕は分かる気がする。僕もそう感じたところはあった。

と同時に、前述したように、戦争のしんどさをちゃんと描いている部分もあって(怪我や死、弾が飛んでくる危険や恐怖、スナイパーの葛藤もちゃんと描かれている)、だから、ちゃんと両面描いている作品ではあると思う。

なので論争の種は作品自体にあるというか、結局どういうバランスで観る人がこの映画を受け取るかっていう問題なんだと思う。そう観ようと思えば、どちらのバランスで受け取ることもできるような。

正直、僕はやや戦争肯定的な感じを受けたんだけど、それは多分これまでいろいろ戦争映画を観て、戦争から帰ってきた人が後遺症や罪悪感に苦しむシーンを鮮烈に見せる作品を多く見てきたからだと思う。つまり、精神的におかしくなることがイコール悲惨さの表現だと、紋切り型な記号形勢が僕の中でされているのだと思う。

だから、クリスが立ち直って(もちろん、上辺だけかもしれないけど)、普通に幸せそうに家族と暮らしている姿を描かれると、この映画内で描かれた範囲の戦争については、ハッピーエンドの感があって、それが何となく引っかかったんだと思う。

精神的におかしくなっていく兵士は、基本的にクリス以外のキャラクターがその役を担っていたりするから、なんというか、そういう負の側面がちゃんと描かれているのは分かるんだけど、観客の感情が一番乗っかっているクリスはカッコよく強靭に描かれているし、戦争で女子供を含め敵を殺しまくってる兵士カッコいいよね、っていう風に見えてしまう。

いや、だから、分かるんだ。

やらないとこっちがやられる、それも戦争では致し方ない、っていう嫌な現実をちゃんと描いて、だから戦争はやっぱダメだ、っていうのを見せているのは分かるんだ。

分かるんだけど、クリスのヒロイックさによって、そういう負の側面以上に、戦争で敵を殺す行為がポジティブに描かれている、と感じたのが素直な感想。

結局僕は、クリスが鬱にならないと納得しないのかもしれない。そういう意味では僕の方がおかしいのかも。

 

ただ、このヒロイックなハッピーエンド感(映画自体はハッピーエンドではないけど、戦争がそう感じるという事)をストーリーが助長している側面はあると思う。

それが、明確に1人、倒すべき悪役がいるという分かりやすい勧善懲悪的な設定。

仲間がそいつのせいでどんどん殺され、かつ、伝説と言われるクリスが苦戦する凄腕スナイパー。こいつがなんか、忍者みたいにカッコよく描かれていて、エンターテインメント的な悪役に感じる。妙にポップというか、普通のアクション映画に出てくる殺し屋みたいな感じがした。

それで最後、そいつをクリスが神業としか思えない一発で仕留めて(ここの演出もとてもドラマチック)、仇討ちを果たす。

これがクリスの戦争がハッピーエンドに感じる理由。

ここの一発にカタルシスが乗っかるように描かれているのがなんか引っかかる。

 

とはいえ、実際僕はここでカタルシスを得なかった。

「人が死んでるのにカタルシスなんて」という善良な心のせいではなく、単純に、このドラマチックでエンターテインメントなストーリーと演出に凄い違和感があったからだった。戦争映画で、こんな分かりやすい敵をヒーローが必殺技で倒すみたいな終り方ってどうなんだろう、という、そういう違和感。

逆に言うと、これ敢えてそうなんだったら、これはこれで凄い事なのかもしれない。

敢えてドラマチックに描く事で、その違和感を浮き彫りにして、「戦争はドラマじゃないんだよ」っていう、そういうメッセージだったら凄いけど、さすがにそれは深読みな気がする。

う〜ん、どうなんだろう。

 

とはいえ、ラストでは戦争によって完全に狂ってしまった人の存在を見せて幕引きなわけで、やはり戦争の悲惨さを伝えている。

うーむ。

映画全体として理解するか、クリス個人の物語として理解するかによるのかもしれない。

全体としてみれば確かに反戦になっている。が、クリスの物語として観ると、やや戦争を肯定的に捉えているようにも見える。

主人公のクリスを超人的なヒーローとして描きつつ、同時に戦争の悲惨さも描いているのか。

クリスのあの寡黙で内面をあまり見せないキャラクターが、暗にクリスは精神的にダメージを受けているがそれが見えないという事を示しているのが、単にああいう性格ということなのか。そこら辺をどう受け取るかとかにもよるのかなぁ。

いやー、どうなんだろうか。論争になっていたのは分かるな、っていう感想。

 

 

 

関連作品

 

 全くヒーロー性がない戦争映画。