アニメ『ジョーカー・ゲーム』スパイトリビア

面白かったし、アニメとしてのクオリティも高いのだと思うんだけど、そんなに語りたいことがない。

それは何故なのかと考えた時に、ストーリーやキャラクターというものがほとんど無いからなのではないか、と思った。

 

まず、基本的に一話か二話完結の細かい話で最後まで通される。アニメ全体を通した一貫したストーリーはない。

フィクションとはいえ、昭和12年頃の日本を舞台としており、当然これは太平洋戦争前夜ということになる。そして、僕たちは結果この戦争に日本が負けることを知っているので、このテイストのスパイ物として、そもそも大きなストーリーを描きようがないような気もする。

というのも、このスパイたちの暗躍も虚しく日本は負けていくので、あまり俯瞰的な視点を描くと、このスパイたちの超人的活躍も全く無意味に感じてしまうのではないかという気がする。

そこでこのアニメは、戦争については「死ぬなんて最悪だ」と現代的な発想で当時の軍人たちを批判するくらいに留め、あとは大きな歴史の流れはさておいて、スパイたち個々人の能力の凄さを描くことに注力している。

 

だから『名探偵コナン』とかに近いんだと思う。

各話であるスパイが何某かの問題に直面していて、それを数少ないヒントやチャンスを活用しながら名推理で切り抜けていく。

そこで見せられるのはストーリーというよりスパイ世界のトリビアというか、「なるほど、そんな手が使われるんだ」というような小ネタ的情報であり、あまりドラマや葛藤はないし、キャラクターの個性なんかはほぼ描かれていない。

ハーレムアニメの萌えキャラたちが主人公に都合よくカワイイのと似た感じで、スパイたちは完璧なカッコいい人たちであって、事件解決に都合よくとても優秀なのだ。

そういう意味でパズル的なアニメだった。

確かに、結城と部下たちの信頼関係のようなものは醸し出されているし、それはそれでアツいものがあるんだけど、そもそもキャラクターたちがあまり描かれないので、関係性だけが立っているように感じた。

 

そういう信頼感や、スパイ活動における手際の良さ、スパイたちの優秀さの見せ方、どんでん返しなどなど、凄く描き方が上手い。

そういうところで、クオリティの高さは感じる。

がしかし、やっぱり、こういう個々の描写の積み重ねが結実していくべき結末はストーリー内には置かれていない。というか、結末は敗戦なのだから、それは仕方ないとは思うのだが。

だからなんだか、面白いんだけどスカスカに感じるというか。部分部分は詰まっているけど、全体としては何もない、みたいな印象が拭えない。

 

僕はやっぱり、ストーリーやキャラクターが観たいんだと思う。

なので、大きなストーリーもないし、結城くらいしかキャラクターとして覚えられていない辺り、こういうタイプの作品はあまり楽しめない。