ヒューマンドラマ

映画『ショート・ターム』内容は重めだけど見易かった

ちょい問題のあるティーンエイジャーたちが暮らす施設の話。 精神に問題を抱えていたり、虐待の話、自傷行為が描かれたり、内容的には重め。でも、観ていてぐったりやり切れなくなる感じでもなく、内容の濃さはちゃんとありつつ、良い意味で適度に収まってい…

映画『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』中途半端さを受け入れる

先日『イカとクジラ』を観た時に、ウィキペディアで同監督の作品と分かったので観てみた。なんでこのタイトルなのか意味が分からないが、ダメなコメディ映画かと思ったら、良作でした。 ノア・バームバック監督は好きかもしれない。 まだ2作しか観てないけ…

映画『イカとクジラ』絶妙に誰にも味方しないバランス

こういう最初から最後まで一貫した分かりやすいストーリーがなくて、シチュエーションの中でエピソードが積み重ねられていく系の映画で、飽きずに最後まで観られるのって凄いなってまず思った。 終わり方も、感じ方は人それぞれなのかもしれないし、「絶妙な…

映画『危険なプロット』メロドラマ?

あんま面白くなかった。クオリティは感じたので、僕がこれを分かるセンスがないんだとは思うけど、退屈だった。 現実と虚構が交錯したり、キャラクターがある種の凶器に落ちていったりとドラマチックではあったけど、基本的にストーリーの核として語られるク…

アニメ『ピンポン THE ANIMATION』根性を支えるのは幸福感だ

卓球どころか、そもそもスポーツに全く興味のない僕ですが、面白かったです。素直にすごい感動しました。最後の一話、最高でした。 これは別に卓球というスポーツを凄くドキュメンタリックに描いているわけじゃない。 『ロッキー』もボクシングを描いている…

映画『奇人たちの晩餐会 USA』笑うことの暴力と愛

おもしろーーーーーーーい! ストーリーよし、キャラクターよし、ドラマよしで素晴らしいです。軽いドタバタ系コメディと思って見始めると、凄い良くできててびっくりする。お目当てのスティーブ・カレルがキャラクターにドハマリしてるし、その他のキャラク…

映画『プロミスト・ランド』フェアネスの重要性

アメリカのシェールガスだから最近の話だな、と思ったら、2012年の映画だった。 採掘による環境破壊が話題になったのってそんなに前だったか。確か、蛇口から汚い水が出てきたとか、地震が増えてるとか話題になってた。 最近はあまりネガティブなニュー…

映画『ファミリー・ツリー』弱さと苛立ちと優しさ

この映画、面白いです。 でも、どう面白いのか、まとまった感じの感想は書けないと思う。 コメディとして笑える。家族ゲンカってこんなに面白いのか。ドタバタじゃなくて、静かな攻防が笑える。汚い言葉が結構出てくるが、父のマットは呆れつつ、途中から諦…

映画『野火』食べないと生きていけない

評判はなんとなく耳にしていたので、というか、耳にしていたからこそ観るのに気が重かった。NETFLIXにあるのは前から知っていて、マイリストに入れていたんだけど、今日ようやく観た。 戦争映画だと、やや思想的な面が出てきたり、説教臭い場面があったりし…

映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』後半ミュージックビデオだった

結論から言えば、僕はムリだった。 「なんだこのラノベみたいな映画は?」というのが鑑賞直後の感想だった。(いや面白いラノベもあるんだと思うけど。) でもWikipediaを開くために、タイトルで検索をかけた時に感想ブログが出てきて、いつもは自分の感想を…

映画『ワッフル・ストリート』実話ベースとは思えない軽さ

つまらなかった。 実話ベースにも関わらず、主人公ジミーが風船みたいに中身のない人間にしか見えない。本当の話なんだろうから、この男は本当にいたんだろうけど、全然人間臭がしない。描き方って大事なんだな、と思えた。 まず、全体的に悲壮感がゼロ。絶…

映画『グレート・ビューティー/追憶のローマ』年齢不足で分からん

ここ数日、サクッと見れて心温まる系のヒューマンドラマを求めてネットフリックスで連日映画を見ているんだが、なんか外れる。いや、別に外れて面白かったりするからいいんだけど、「おい!あらすじ!」ってな気分である。 この映画に関して僕はほぼ何も書け…

映画『人生はビギナーズ』死がそっと背中を押す

あらすじを読んだ印象と全然違った。ゲイの父親に振り回される的なコメディかと思いきや、けっこう重め。とはいえ、ズーンと胃が痛くなってくる感じではなくて、トーンとしては軽快で、しっとりしてる、と言えばいいんだろうか。 う〜ん、どう感想を記録すれ…

映画『アドベンチャーランドへようこそ』誰かの妄想だった

そもそもストーリーがつまらなかったのだが、そのあたりは好みの問題かもしれない。あと映像や音楽も、個人的に全然ハマらなかった。いや、印象が良ければ良く感じられたのかもしれない。 なんていうか、誰かの妄想を大真面目に見させられているかのような居…

映画『ブルージャスミン』彼女はどこでも間違っていないのかもしれない

身勝手な男とバカな女ばかり出てくる映画。というのは、ちょっと乱暴だろうが、でもそんな映画だと思った。 ただ、これ観て凄かったのは、そんなキャラクターたちにちゃんと共感してしまうような、「しかたない!」と思えてしまうような心持ちに、自分がなっ…

映画『マイ・インターン』理想像と理想像の心地良い交わり

とりあえず面白くはあった。が、葛藤が弱い(本当の危機がない、悪役がいない)ゆえの薄味さがあった。深く感銘を受けたりするような映画ではない。サクッと気持ちよく観る感じの映画だと思う。僕は男性なので、こういった映画を観ると、どうしても女性の感…

映画『かもめ食堂』

「空気はいいが、内容がない。」 というのが、大体この映画の一般的な評価な気がする。この映画は、酷評もされ、高評価も得ている。好き嫌いが分かれる映画らしい。 同じ「好き嫌いが分かれる映画」にも、映画としてのクオリティはあった上で分かれるものも…

映画『カラフル』

ちょっとストーリーとメッセージが離れている気がする。のと、あと過剰に説明的なセリフやシーンがあって、そこがちょっとうるさい。なんか印象としては中学校とかで先生に見せられそうな映画だなっていう感じ。教育的に振れ過ぎてるというか、なんだろう、…